本文へスキップ
プーケットのオプショナルツアー予約! 日本語で簡単に予約可能。プーケット在住日本人が24時間サポート!

日本語ダイヤル(09:00-23:00) +66-80-145-0593 
メールで問い合わせ mail@bai-mai-tour.com

プーケット島の概要

プーケットしまかぜ案内人ホーム > プーケット島についてインデックス  > プーケット島の概要

プーケットしまかぜ案内人のプーケット情報
プーケットに旅行をする際の基本情報


プーケット 情報 基本 旅行


プーケットファンタシーへ行こう!
離島ツアーとセットのお申込みでお得!
・事前決済限定の割引
・離島ツアー+ファンタシーご予約で100B引き

・ツアー参加日と別日参加でもOK!
大好評のセット割引です →ファンタシーショー詳細


ツアーの後はそのままスパへ行こう!
・事前決済限定の割引
・ツアー+ムックダースパ選べる3時間半コース → +1900B

・ツアー+カナシィアスパ → 100B引き
・ツアー+バライスパ → 150B~引き
大好評のセット割引です →その他のスパはこちらから




プーケット島の概要

タイ王国の南部、マレー半島西側に位置するリゾート・アイランド「プーケット島」。南北約48Km、東西では約21Km、総面積543.0 km²とシンガポールとほぼ同じ大きさです。緑あふれる肥沃な大地と、そこから流れ出る栄養分の豊富な海の美しさから、別名を「アンダマン海の真珠」とも呼ばれています。無人島を含めた、大小様々な32の美しい島々に囲まれています。

プーケットは、バンコクがあるタイ本土とは海を隔てています。1967年に、サラシン橋とサラシン新橋によって結ばれ、現在は陸路の移動も可能となっています。

プーケットの歴史は古く、17世紀より錫(スズ)、20世紀になるとゴムの貿易が盛んになり、沢山のポルトガル人や中国系の商人が行き交うようになりました。プーケット島の南東部にあるプーケット・タウンには、いまなおその面影が残っています。経済と行政と地元タイ人の生活の中心地であるその大きな街には、ポルトガル様式のコロニアル建築の古い建物が建ち並んでいます。また、大型ショッピングセンターやマーケットも多くあり、物価も安い為、バックパッカーに人気がある場所です。

高級ホテルから中級クラス、格安なゲストハウスなどの宿泊施設も豊富で、男女問わず様々な旅行者がプーケット島を訪れます。ビーチは全て、アンダマン海に面した西海岸に多くあり、北から順番にウミガメの産卵が見られるマイカオ・ビーチ、国立公園にしていされているナイヤン、5つ星の高級ホテルがラグーンの周りに並ぶバンタオ、静かなスリン、カマラ・ビーチ。
そして、沢山の外国人旅行者が滞在するビーチタウン、ビーチ通りにレストランやバー、お土産物屋、雑貨のショップが遅くまで賑わっているパトン・ビーチ。鳴き砂があることでも有名なカロン、乾季はビーチダイビングのポイント・雨季はサーフィンのポイントになるカタビーチ。クルーザーやヨットが停泊していて欧米人のハーバーのようなナイハーン、最南端岬のプロンテップの先、地元の漁船が並ぶラワイビーチへと続いています。

それぞれの場所に生活圏があり、エリアにより雰囲気や印象も異なるプーケット島。アクティビティーも豊富で、海も陸も楽しめるとても奥深い島です



プーケット島の旅の季節

タイ南部の熱帯性気候にあたるプーケット島は、年間平均気温28℃の年中「真夏」の南国リゾートである。年間を通して気温と湿気が高く、曇りの日でも日差しは強いので、日焼け対策は万全にしておきたい。季節は大きく分けて2つ、「乾季」と呼ばれるハイシーズン(11月~4月)と、「雨季」と呼ばれるローシーズン (5月~10月)に分かれます。

≪乾季≫

「乾季」と呼ばれるハイシーズンは、雨もほとんど降らない毎日太陽がギラギラと照りつけ南国ムード満天の時期。西側インド洋から吹き込むモンスーン(季節風)は治まり、島の西側にある多くの美しいビーチの波も穏やかになり、碧く美しいアンダマン海が広がる。南国のビーチリゾートを楽しむならこの時期がベストシーズン。「クリスマス」、「年末年始」は、年間で最もプーケット島が観光客でにぎわう時期。11月の「ロイクラトン(灯篭流し)」、2月の「中国正月」、年間で一番暑くなる4月には、タイ暦の正月「ソンクラーン(水掛祭り)」などなどお祭りも多い。お祭りに合わせてスケジュールを組むのも良いかもしれませんプーケット島に来島する観光客も増えるので早めに、航空券やホテルを手配しておく必要がある時期です。


≪雨季≫

「雨季」と呼ばれるローシーズンは、晴れが数日続き、曇り時々雨が数日続く、周期的な天気。この時期の天気は運次第といったところ。快晴の日には蒸し暑くなる水分補給が大切な時期。インド洋からのモンスーン(季節風)の影響で、プーケット島西側のビーチには波が入り遊泳には適しません。逆にサーフィンのシーズンとなり、毎年6月にはサーフィン大会やコンテストが開かれます。天気次第で楽しめるアクティビティーやツアーが用意されているプーケット島は、雨季の時期でも旅行を楽しむことができます。中でも雨季といえば、ラフティングがオススメです。その他、、10月には「ギンチェー(ベジタリアンフェスティバル)」など大きなお祭りや、南国の花が咲き乱れ、フルーツも美味しい時期。ホテル代金も航空券も安くなり、格安でプーケット旅行ができる時期です。



タイ・プーケットの年間行事

タイ・プーケットの年間行事は、タイ王国のお祭り4月13日のタイの旧正月・水掛祭り「ソンクラーン」、10、11月のいずれかにある、灯篭流し「ロイクラトン」。そして、外国人旅行者が多いため観光地らしいイベントである4月11日の「海亀の放流」、5月にある「タイ国際マラソン」、12月の世界的なヨットイベント「キングス・カップ・レガッタ」もあります。そして、歴史的に華僑(中国系)のタイ人が非常に多いプーケット(タイ人の50%ほど)は、2月の中国正月(スッチン)があります。

そして、プーケット県最大のお勧め大イベントと言えば、10月の終わりから11月太陽暦の新月の9日9晩行われる「ベジタリアンフェスティバル(ギンチェー)」。この期間、信者は白い衣服を着用し、「菜食」、「禁酒」などを含めた10個の厳しい戒律を守る。このお祭りの起源は1825年に遡るといわれ、プーケットに訪れた中国の京劇団が原因不明の大病(恐らくマラリア)にかかり、彼らは病気を治すために厳しい戒律をもうけ、9日9晩毎日菜食、9人の神(九皇大帝)に祈りをささげ続け、肉体と精神を清めたところ病状が回復したことから始まる。それ以来プーケット島に住む人々の間で、健康そして幸福平安を祈る儀式として信じられています。

ベジタリアンフェスティバルは「串刺し行進・パレード」で有名ですが、4日目前後の早朝から、数ヶ月前から菜食をとおしてきた神が降りた限られた信者が、鉄の串を始めとする物を頬や身体に突き刺し、トランス状態で取り巻き引き連れながら行進をし、プーケットタウン内の中国寺院に集まるパレード。期間中、行進団に向けた爆竹が飛び交い、中国寺院の周りで、刀のはしごの上り下りや、火渡りなどをしている光景は言葉にはできない。最終夜は、時計塔と、サパンヒン地区の寺院付近はクライマックスとなり、煙で辺りが見えなくなるくらい多量の爆竹が投げ込まれる。ちょっと怖い方は、各寺院の近くに期間中だけ出るベジタリアンフェスティバルの露天街だけでも歩いてみよう。怪しいお経が流れ、「齊」と書かれた黄色い旗菜食料理(精進料理)の露店などが並び、周りには白い衣服を着たタイ人がごった返す雰囲気を歩くだけでも十分楽しいのでオススメです。ベジタリアンに関するお祭りや露店を見に行くときは、なるべく白い衣服を着ていくように注意しよう。

1年中イベントが盛りだくさんなプーケット島に、日程を合わせて旅行計画を立てるとより充実した観光ができるのでオススメです。