プーケットのオプショナルツアー予約! 日本語で簡単に予約可能。プーケット在住日本人が24時間サポート

プーケットのオプショナルツアー・ダイビング・スパ・ホテル予約はプーケットしまかぜ案内人
 


プーケットしまかぜ案内人ホーム > プーケット情報 > プーケット事情

プーケット事情(一般編)

トイレ・コンセント・水&氷・インターネット・電話・両替所などプーケットの一般知識



プーケット事情・両替所 プーケット事情・コンセント&電圧
プーケット事情・水&氷
プーケット事情・トイレの使い方 プーケット事情・電話 プーケット事情・インターネット



プーケットからボートで15分!!近場の離島でダイビング


トイレ事情  
国が違うと、文化や習慣も変わってきます。タイ王国のプーケット島と日本では、トイレの使い方も変わってきます。一般的なタイのトイレは、日本と同じしゃがむタイプですが、ドアの方を向くことが多く、排水口は後ろになります。洋式トイレの便座がついていない(壊れてはずされてしまった)タイプは、淵に上って使用しますが、不安定だと転んでしまう場合があるので注意が必要です。最近では便座のない洋式便器は、現在のプーケット島では、徐々に見られなくなってきました。

タイ式トイレの場合、水溶性のあるトイレットペーパーやポケットティッシュを利用する場合でも、排水管が詰まる原因ともなるので、便器に捨てずに設置されているゴミ箱に捨てましょう。旅行者の多いゲストハウスやホテルなどの宿泊施設では、貼り紙がしてあることもあります。

水洗ではない場合、用が済んだら、便器の隣に備え付けてある汲み置きの水で流します。また、小さなシャワーが、設置されている事も多く、これは日本で言う手動式のビデ(ウォシュレット)の様なものです。ローカルなタイ人は、紙を使用せず、水で洗います。ない場合は、くみ置きの桶を利用し流します。

外国人旅行者向けの店などにあるトイレは、洋式トイレが多いですが、街中ではタイ式のトイレが圧倒的多数。ホテルやレストランを除き、トイレットペーパーは備え付けていないので、心配な方は常にティッシュの携帯をしましょう。トイレの入り口で売っていることもありますが、コンビニエンスストアーやスーパーマーケットでも購入が可能です。また、有料のトイレが多く有る場所は、バスターミナルや市場です。目安として2B~20B。離島などの観光地では20Bほど必要な場合もあります。

タイ式のトイレに抵抗がある場合は、上手くホテルやレストランのトイレを借りることをお勧めします。

 


電圧・コンセント事情  
日本の電圧は100V(ボルト)、周波数が50/60Hz(ヘルツ)なのに対し、タイの電気は220V、50Hzです。日本製のノートパソコン、ドライヤー、ひげ剃り、デジタルカメラやビデオなどの充電は、電源アダプター部分に記載されている対応電圧の確認をしましょう。AC240Vまでの海外対応のものであれば、そのまま利用が可能です。間違えると、故障の原因ともなるので、注意が必要です。

・≪変圧器≫
通常の日本の電化製品を使うときは、変圧器を用意する必要があります。携帯用の変圧器は日本で買うこともできますが、中級クラスなどのホテルによっては、電気シェーバー用など、110Vのコンセントが洗面所に設置されていることもあります。貸し出しのサービスがあっても、数に限りがあるので持参することをお勧めします。

・≪コンセントとプラグ≫
電気プラグの形状は、日本と同じAタイプ(平たい2本のピン)と、Cタイプ(丸いピン2本)、BFタイプ(平たい3本ピン)が一般的です。海外用の変圧器内蔵型の電化機器を使用する場合も、念のため電源プラグ変換アダプターを持参することをオススメします。

また、現地の電気店や市場、コンビニエンスストアーやスーパーマーケットなどで変換プラグの機能が含まれた
延長コードが販売されているので、現地到着後にも簡単に購入が出来ます。

 


水&氷事情  
日本とは水道事情が異なるため、水道水の生水は飲料に適していません。ローカルなタイ人も、水道水は飲みません。生活における、歯磨きや洗顔、シャワーや洗濯などで利用する場合は、特に問題はありません。飲料用としては、市販されているミネラルウォーターを購入して飲んだほうが良いでしょう。コンビニやスーパーマーケット、雑貨店、売店等で簡単に手に入れる事ができます。ほとんどの高級リゾートのホテルでは、無料の飲料水用のペットボトルが用意されています。ボイル(ろ過)されたお水も市販されていて、ホテルやレストランでも利用されています。また、ホテルや街角のレストラン、屋台、クラブやバーでは、真中に穴の空いた氷が出てきます。これは、製氷所から仕入れているので安全です。旅の疲れから、お腹が緩くなってしまう場合があります。万が一の場合に備えて、旅行中の傷害、病気、盗難被害などを保証する海外旅行保険にご加入されることをオススメします。

 


インターネット事情  
プーケットでは、観光地であるパトンビーチなどを中心に、島全体にインターネットカフェがよく普及しています。最近ADSLが普及してきている。ネットカフェの相場は、1時間60バーツほどです。外国人観光客が多いパトンビーチなどは日本語も加えてあるカフェが多いが、日本語入力ができない所もあるので、入店の際に確認する必要があります。コンピューターによっては、日本語を入力言語にインストールすることができます。その他、外国人観光客の訪れるホテルであれば、ビジネスセンターやロビーに共有PCが置いてあり、客室にはホテル内LANにアクセスできるLANポートが備えています。1時間で500〜700円程度と高めの場合が多いですがホテルの室内でできるので安心です。安ホテルの中には、無料で無線インターネットを提供しているところもあるので、ホテルを予約する際チェックしておきましょう。海外でメッセージを確認する場合、「yahoo」や「hotmail」などのフリーメッセージを登録するか、ご自分のメールアドレスに送られてくるメッセージをフリーメールアドレスに転送されるよう設定しておく必要があります。そうすると、ホテルやインターネットカフェなどにある共有コンピューターで簡単にメールチェックができるようになります。また、最近ではWiFiの利用も可能なコーヒーショップやホテルが増えてきています。



両替・銀行  
日本円からタイの通貨バーツ(THB)に両替をするには、空港、パトンビーチを中心とする観光地にあるほとんどが銀行経営の小さな両替所でできます。出張両替所がある銀行多く、パトン・カロン・カタビーチなどでは頻繁に見かけるので、慌てる必要はありません。

緑色:タイカシコーンバンク、
黄色:アユタヤバンク、
紫色:サイアムコマーシャルバンク、
青色:バンコクバンク
など

レートは毎日変わるので窓口でチェックをする必要があります。街中にある両替所の営業時間は、8:30~20:00が多いですが、パトンの中心部では22:00頃まで営業している両替所もあります。。銀行ごとにレートが若干違うので、大きな額を両替する場合、最初に各銀行のレートを見て回って、レートを調べてから代えると良い。ホテルや街の旅行代理店でも両替ができますが、銀行にくらべ手数料が高いのでお勧めはできません。その他、プーケット島では、ATM(自動現金支払機)は年中無休で、
24時間使えるところが多いので、キャッシングやクレジットカードでの現金の引き出しもできるので困りません。


 


電話事情  
プーケットに訪れる日本人旅行者の多くは、日本で使われている携帯電話を持参し、日本の携帯電話会社の国際ローミングサービスを利用しています。タイでは、電話システムは発達しているとは言えないですが通話料金は日本よりも安いので、
公衆電話、ホテル、旅行会社などでローカルダイヤル直通電話を利用するのも◎。その他、現地で携帯電話をレンタルしても通話料節約になります。
タイの公衆電話は日本の公衆電話に比べて、品質はあまり良くなく、壊れている場合も多いので注意。しっかりダイヤルしても、反応が悪いダイヤルもあるので、一度かからなかったからあきらめるのではなく、根気良く何度かダイヤルしてみよう!

<日本への国際電話のかけ方>

ダイヤル直通の国際電話の他、各国際電話会社によるサービスも利用できます。
街中の公衆電話、公共電話、ホテルからかけれます。

電話番号は、

①「001」(国際電話番号)
②「81」(国番号)
③「頭の0を抜いた相手先の電話番号」

例えば、24時間島風ダイヤル(08-0145-0593)が、
日本の電話番号だと仮定すると

「001+81+801450593」


<プーケット市内・タイ国内へ電話>

タイは、現在エリア内でも全て市外局番を含めて0で始まる9桁、携帯電話の場合は、0で始まる10桁の電話番号となります。街中の公衆電話、公共電話、ホテルからかけられる。同一市外局番の電話番号に書ける市内通話でも市外局番からダイヤルしなくてはならなりません。

(市外局番:プーケット「076~」、バンコク「02~」)

電話番号は、

①市外局番を入れた相手先の電話番号を入れるだけ。

例えば、現地到着後しまかぜダイアルの08-0145-0593や、
076(市外局番)-526-536に電話をかける場合

「0801450593」
「076526536」


<ホテル室内電話の使い方>

ゲストハウスや格安ホテルには、室内に電話機がない場合がありますが、パトンビーチを中心にプーケット島にある外国人観光客が多く泊まるような中級・高級ホテルの多くは、客室からダイヤル直通でかけられる。「0」か「9」の外線番号を最初に押しオペレーターにつないでから相手先の電話番号と続く。ホテルからの通話には市内、国際通話にかかわらず手数料がかかる。電話手数料はホテルにより違います。

①受話器をとる
②外線番号「0」か「9」(ホテルによる)を押し
③続けて、相手先の電話番号を押す(下記参照)
④しばらくすると呼び出し音が鳴る。
⑤終わったら受話器を戻す


<公衆電話の使い方>

携帯電話の普及で公衆電話は少なくなってきていますが、パトンビーチやタウンのコンビニエンスストア前で良く見かけます。ホテルから電話するより手数料がかからないので安い。

多種類あり、電話機によって、国際電話か国内電話と分かれています。電話会社により色が違うので一見戸惑うが、「インターナショナル(国際)」、「ドメスティック(国内)」と書いてあるのでまず確認してみよう。

国内電話専用機は、硬貨式か、専用カード式に分かれます。国際電話専用機は、専用カード式が多く、お手持ちのクレジットカードや硬貨が使える電話機もある。硬貨は1、5、10バーツのみ使用可、「国際電話専用カード」「国内電話専用カード」もコンビニで販売しています。

プーケット島内の固定電話にかけると1分1バーツ、携帯電話にかけると1分3バーツ。日本への国際電話は、1分当たり7バーツ~

使い方は、

①受話器をとる、発信音確認(壊れている場合あり)
②硬貨かカードを入れる
③相手先の電話番号を押す(下記参照)
④呼び出し音は、「ツー、ツー」
⑤終わったら受話器を置く

 






プーケットの夜はパトン ナイト



スパとツアーでお得な割引

日本人ガイド付き パンガー湾 シーカヌー探検 ツアー

レンタルルーム

◎F.R.C. Dive のHP◎

プーケット島風案内人の旅案内所

プーケットツアーしまかぜ案内人でプーケットのスパ予約

プーケットツアーしまかぜ案内人のダイビング

プーケットツアーしまかぜ案内人でプーケットのホテル予約




◎F.R.C. Dive の
 プーケット情報◎
南国リゾート プーケット&お天気情報

プーケットツアー島風案内人の観光情報ブログ

プーケットツアーしまかぜ案内人のダイビングログブログ

大自然を感じよう、カヌー&カヤック体験

しまかぜ案内人のシュノーケル教室

プーケットツアーしまかぜ案内人のタイランド情報ブログ

プーケットの象乗り(エレファントライド)情報ブログ

ツアー2つ以上で参加無料!パトンナイトブログ

アフターダイブで乾杯!パトンナイト

プーケットのホテル選び

プーケット食べ歩きブログ

我が家のチャウチャウ犬

我が家のコガネメキシコインコ

プーケットの写真館