プーケットのオプショナルツアーはプーケットしまかぜ案内人

プーケットのオプショナルツアー・ダイビング・スパ・ホテル予約はプーケットしまかぜ案内人
 


プーケットしまかぜ案内人ホーム > ダイビング > クルーズ

ピピ島1泊2日ダイブクルーズ

プーケット発1泊2日のプチダイブクルーズ


ピピ島1泊2日ダイビング ピピ島1泊2日ダイブクルーズ
1泊2日でピピ島へダイブクルーズ
ピピ島 クルーズ ピピ島ダイビング クルーズ ピピ島ダイビング&クルーズ



ピピ島&マリンパークの1泊2日ダイビング

こんな方にオススメのピピ島1泊2日ダイブクルーズ

  • 大物狙いでダイビングを楽しみたい方
  • ピピ島に行って見たい方
  • たくさん潜りたい方



ピピ島1泊2日ダイブクルーズとは  

プーケットで有名のダイブポイント、ピピ島。
マリンパークに立ち寄りながらピピ島を目指します。

ピピ島は観光&スノーケルツアーでも有名な島ですが、ダイビングでももちろん有名な島です。
海洋状況が良いときは、ピピ島よりも遠方のヒンデン・ヒンムアンを目指します。

ピピ島は石灰岩で出来ていて、船から見える景観も壮大ですが、
水中でもダイナミックです。スイムスルーなどもあり、ワクワクするようなピピ島です。
1日目の4ダイブが終了したら、ピピ・ドン島に上陸して、バンガロータイプのホテルにチェックイン!

船上ではなく、島内のホテルに泊まるので、初めてクルーズ気分を味わいたい方や、船中泊は・・・
という方にオススメです。気楽にダイブクルーズ気分を味わえるコースです。

大物も年に数回やってくるピピ島。
運がよければ、マンタレイやジンベイザメに遭遇することができます。
大物狙い、小物狙いどちらでの楽しめるポイントです。

色とりどりのソフトコーラルも見どころです。
ブルーの海にカラフルなグラデーションがとても綺麗!

2日間で7ダイブとダイビングをメインで楽しみたい方にオススメのコースです。

当社のインストラクター乗船時はオリジナル特典、水中スキルアップ講座や無料カメラレンタルなどの潜水塾式もつきます。
ライセンスを取得して間もない方、スキルに不安のある方は是非ご参加下さい。




ピピ島1泊2日ダイブクルーズ モデルスケジュール


【1日目】
07:20 パトン地区のホテルお迎え
07:35 カタ・カロン地区のホテルお迎え
07:55 シャロン港に到着
08:15 シャロン港出航・ボートブリーフィング
08:30 朝食
10:30 ダイブ@・キングクルーザー
12:00 昼食
13:00 ダイブA・ビダノーク(ピピ)
14:30 フルーツ&軽食
15:30 ダイブB・ビダナイ(ピピ)
17:00 夕食
18:00 ダイブC・ナイトダイブ
19:30 ホテルチェックイン

【2日目】
07:00 ホテルチェックアウト・ホテルにて朝食
07:30 ピピ島出発
08:30 ダイブD・ドン島orレイ島
10:30 フルーツ&軽食
11:00 ダイブE・アネモネリーフ
12:00 ランチ
13:00 ダイブF・ドクマイ島
15:30 シャロン港
16:15 カタ・カロン地区のホテル到着
16:45 パトン地区のホテル到着

*時間はあくまでもモデルスケジュールです。使用するボート、海洋状況や交通状況によっては変更となる場合がございます。




ピピ島1泊2日ダイブクルーズ ツアー代金

月曜&金曜出発!

  1名様
で参加

2名様以上
で参加


 当社の
日本人ガイド

 16900B  11900B
 
主催ボートの
英語ガイド


9500B  


シミランダイブクルーズ 器材レンタル価格表
*英語ガイドには当店の潜水塾式特典はつきません。
*12月15日〜1月15日のピークシーズンは追加チャージがお一人様1500Bかかります。



ツアー代に含まれるもの
  • 送迎(パトン・カタ・カロン)
  • 保険
  • ボート
  • 全食事
  • ピピ島でのホテル代
  • 日本人インストラクター
  • 無料スキルアップ講座(要事前申し込み)



お持ちいただくと便利なもの
  • 水着
  • タオル
  • 日焼け防止グッズ
  • 宿泊道具



ツアーアレンジ
  • ダイビングの帰りにスパにそのままお立ち寄りいただけます。ダイビング後のお立ち寄りで割引サービスあり。




素朴な疑問も楽々解消!ダイビングのよくあるQ&A

よくあるQ&A -ピピ島 ダイブクルーズ-

Q1:水着はホテルから着ていったほうが良いですか?
A1:ダイビングボートにトイレはありますが、更衣室はありませんので、ホテルから着用をオススメします。軽装で行く事をオススメします。ただし、冷房に弱い方は羽織るものをお持ちいただくと便利です。


Q2:船酔いが心配なのですが・・・
A2:船酔いが心配な方は前日就寝前と、ツアー当日朝の2度、酔い止めを服用してください。日本から日本人に合う酔い止めをお持ちいただくことをオススメします。

Q3:どんな食事ですか?
A3:船上ではブッフェスタイルのランチとなります。タイスタイル、ヨーロピアンスタイルは当日のお楽しみ。

Q4:島への上陸はできますか?マヤベイは見れますか?
A4:ダイビングボートで行く全てのプランは基本的にダイビングをする場所で停泊します。基本的にはピピ島への上陸はありません。ダイビングの観点でポイントを決定しますので、ポイントによっては、有名なピピレイ島(マヤベイ)は船上からもご覧になれません。マヤベイに上陸したい方はダイビングではなく、スノーケルツアーにご参加下さい。

Q5:貴重品を預けるロッカーなどありますか?
A5:貴重品をお預かりする場所はありませんので、高価なもの、貴重品はホテルのセーフィボックスにお預け下さい。ソフトドリンクやダイビング後のビール等は実費精算となりますので、小銭等はお持ち下さい。

Q6ダイビングをしない人も同行可能ですか?
A6:可能です。ダイバーがダイビングをしている間、ノンダイバーの方は、ダイビングボートの周辺でスノーケルをお楽しみいただきます。

Q7:ダイビングの帰りにそのままスパへ行けますか?
A7:ダイビングの帰りにそのままスパへお立ち寄り可能です。事前予約で割引もありますので、是非ご計画下さい。


ピピ島のダイブサイト紹介

ピピ島 ダイブサイト紹介

【ビダノック】  平均透明度 8〜18m ・ 最大深度 26m ・ 平均深度 18m

ピピ・レイ島のに南側にある島、ビダノック島。水底20m前後まで壁が垂直に落ち、ダイナミックなポイント。
壁のような岩にはソフトコーラルが咲き乱れ、美しい景観。
これぞピピ島という景観です。ビダノック島では、プーケット一、レオパードシャークの遭遇率が高いポイント。
アンダマン海名物に是非会いたいという方にはピピ島はオススメです。
その他、ピックハンドルバラクーダの群れなど回遊魚に遭遇することもあります。

【ビダナイ】 平均透明度 8〜18m ・ 最大深度 25m ・ 平均深度 17m

スイムスルーが有名なポイント。
北側には切り立った岩がたちならび、南西側には大きな岩がところどころにあり、スイムスルーが可能です。
スイムスルーをしている姿は記念撮影ポイント!
レオパードシャークとの遭遇率も高く、チョウチョウウオもたくさん集まってきます。

【マヤウォール】 平均透明度 5〜15m ・ 最大深度 18m ・ 平均深度 14m

ピピ・レイ島の西側にある入り組んだ湾、マヤベイ。この有名なマヤベイの沖には切り立った岩が立っている、マヤウォールがあります。
スイムスルーも楽しめるポイントです。
壁沿いに沿って海中世界を楽しみます。











◎ピピ島を
  もっと知ろう!!◎


コーラル島 フォトアルバム

アンダマン海のさかな図鑑

プーケットのダイビング海報告-ダイビングログ-


プーケットの夜はパトン ナイト



スパとツアーでお得な割引

日本人ガイド付き パンガー湾 シーカヌー探検 ツアー/></a><br>
          <br>
          <a href=レンタルルーム

◎F.R.C. Dive のHP◎

プーケット島風案内人の旅案内所

プーケットツアーしまかぜ案内人でプーケットのスパ予約

プーケットツアーしまかぜ案内人のダイビング

プーケットツアーしまかぜ案内人でプーケットのホテル予約




◎F.R.C. Dive の
 プーケット情報◎
南国リゾート プーケット&お天気情報

プーケットツアー島風案内人の観光情報ブログ

プーケットツアーしまかぜ案内人のダイビングログブログ

大自然を感じよう、カヌー&カヤック体験

しまかぜ案内人のシュノーケル教室

プーケットツアーしまかぜ案内人のタイランド情報ブログ

プーケットの象乗り(エレファントライド)情報ブログ

ツアー2つ以上で参加無料!パトンナイトブログ

アフターダイブで乾杯!パトンナイト

プーケットのホテル選び

プーケット食べ歩きブログ

我が家のチャウチャウ犬

我が家のコガネメキシコインコ

プーケットの写真館